ひねもーすものかたり

だらだら生きても仕方ないので、調べて考えて発信します!

Excelでマップ地図が作れるのかぁ

こんにちは。

最近、世界の地政学的な議論や貿易論的な議論をマッピングしてみないなって思っていたところに、衝撃でした。

「「えっ、Excelってマッピングできるの??!!!」」

 

実際に試しに作ってみた地図は以下のようなものです。

各数字は私が滞在したことがあるレベルを数値化したものです。この地図を作るのに、だいたい15分くらいで終わりました。たぶん馴れるともっと早いと思います。

f:id:hirohitsu1995:20190604213626p:plain

 

データを入力

まずマッピングするにも統計データがないとどうしもうもないです。入力しましょう。

注意点としては、

(1)国、都道府県、郵便番号など場所データを必ず入れること。

(2)今回のような都道府県マッピングの場合、数値を用意していない都道府県は初期デザインでは一切表示されない。

 

特に(2)が気を付けるべきかも。最初作ってみたとき、なんか物足りない、悲しい日本地図が出来上がりました…

 

まずマッピングしてみる

f:id:hirohitsu1995:20190604214633p:plain

「挿入」タブから「マップ」カテゴリを選択してもらうと、初期は世界地図が表示されます。

あとは通常のグラフと同じです。ふさわしい表示となるよう、書式設定をいじるだけです。

 

書式設定をいじって見やすく

今回の都道府県の場合、残念ながら初期表示が世界地図な関係上、書式設定で地域を絞る必要が出てきます。

「データ系列」書式設定の中の、「系列」書式設定をひらきましょう。そうしたら以下の選択ができますね。

  • 「マップ投影」 : 世界地図の表示の仕方
  • 「マップ領域」 : 地域か世界地図かの表示
  • 「マップラベル」: 地図に場所名を表示するか

 都道府県データのように特定の地域のデータ(例えばアメリカや南米)のみ表示する場合は、遠慮なく「マップ領域」を「データが含まれる地域のみ」にすればいいです。

これの最適化が終了すると、Excelが大好きそうな色合いで地図が完成して見づらくなるので、系列ごとの色や枠線をいじってあげればきれいになります。

 

全く初心者向けの説明ではないですが、初歩的な部分が慣れてない方は、無理にマッピングすると時間かかります。ぜひ基本的なグラフ化は勉強して見てください!

 

なお今回参考にしたページは以下のページです。

support.office.com

(最終閲覧2019年6月4日)

 

ということで、Excelをそのうち究めていきたい人間としては、これからマッピングを究めていきたいと思います(多分間違い)。

今後、興味ある統計をマッピングしていこうと思います!!