ひねもーすものかたり

だらだら生きても仕方ないので、調べて考えて発信します!

名探偵コナンの映画を点数化してみた

おこがましいことに名探偵コナンの映画に点数をつけてみまーす。

名探偵コナンの醍醐味は、推理そしてストーリー。推理ははっと驚くようなトリックを徐々に解決していく、そんな快感を追体験させていくれる。そして悲しさ、もどかしさ、うれしさ、怒り、、、喜怒哀楽全てを織り交ぜるストーリー展開。

点数はストーリー(story)40点、トリック・推理(trick)30点、登場キャラ(chara)20点、曲(music)10点の100点満点で採点します! 

 

タイトル story trick chara music sum
時計仕掛けの摩天楼 35 24 15 7 81
14番目の標的 32 22 18 10 82
世紀末の魔術師 35 23 17 10 85
瞳の中の暗殺者 38 20 18 10 86
天国へのカウントダウン 39 28 18 10 95
イカー街の亡霊 40 30 18 10 98
迷宮の十字路 40 30 20 10 100
銀翼の奇術師 32 18 18 8 76
水平線上の陰謀 22 20 13 8 63
探偵たちの鎮魂歌 38 27 19 10 94
紺碧の棺 28 15  10  61 
戦慄の楽譜 28 18  15  68
漆黒の追跡者 20 20  14  57 
天空の難破船 35 25  20 8 88 
沈黙の15分 21 17  10  54 
11人目のストライカー 10 18 
絶海の探偵 13 30 
異次元の狙撃手 19 23  52 
業火の向日葵 25 15  12  63 
純黒の悪夢 15 19  14  55 
から紅の恋歌 23 23  16  70 
ゼロの執行人 29 18  11  62 

(2018年5月末現在)

 

減点理由はかなり主観的ですが、

ストーリー

推理重視か。アクションの少なさ。面白いか。オチがつまらなくないか。 etc

トリック・推理

実現可能性は高いか。伏線は上手いか。動機は合理的か。 etc

登場キャラ

キャラの特徴に必然性はあるか。声優。 etc

主題歌。劇中のBGM。BGMは適切か。 etc

 

名探偵コナンの映画に求めるものは、アクションでもなければ臭い展開でもなければ本編に関係することでもないです。あくまで愚直に推理重視の、ストーリー・展開のきれいさです。「推理小説」ほどでなくとも、各キャラが織りなす探偵物語を観たいのです。

近年は芸能人を声優に採用したり、主題歌をコナンらしくないものにしたり、アクションシーンを派手に無駄に多くしたり、オチがコナンや蘭が絶体絶命というものだったり… 正直コナンを長年観てきた人にとっては酷過ぎて、そのシーン全て飛ばしたいレベルです…(これが好きな人は本当にごめんなさい)

ですが興行重視という方針で、監督方が大変工夫され、結果として近年の興行収入は右肩上がりのようですし一概に否定はしません。

名探偵コナンという素晴らしい作品を、多くの人に広めてくださり、ありがとうございます!

 

ということで、個人的なランキングは

5位 天空の難破船

4位 探偵たちの鎮魂歌 

3位 天国へのカウントダウン 

2位 ベイカー街の亡霊

1位 迷宮の十字路

劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード) [DVD]
 

 

でした!

 

あくまで個人的な点数化ですのでご了承ください!