ひねもーすものかたり

だらだら生きても仕方ないので、調べて考えて発信します!

【日本酒の旅】候補地④愛知周辺

「日本酒の旅」計画の候補地を5つくらいに絞り、今まで奥羽山脈、長野北部そして群馬栃木を検討しました。群馬栃木は意外と日帰りできないので、1泊すればゆったりと回れるとわかりました。hirohitsu1995.hatenablog.com

 今回は「愛知周辺」に絞って考えて見ます!

 

「愛知周辺」の酒蔵

愛知周辺で日本酒のイメージは正直全くなかったです。豪作地帯というわけではないですし。もしかしたら、古くから神社やお寺が多い関係上、酒蔵が多いのかも?しれないですね。

愛知周辺の酒蔵は以下の通りです。

愛知

萬乗醸造

藤市酒造

丸石醸造

[11位]醸し人九平次

[42位]菊鷹

[44位]二兎

岐阜 杉原酒造 [38位]射美
三重 清水醸造 [15位]作

愛知県と周辺を手広くカバーしてみました。ですが、岐阜と三重ではかなり距離があるので、どちらか一方で絞り込みをした方が効率がよさそうですね。

 

交通手段を考える

実際交通手段を見て見ないといけませんね。岐阜と三重を直接つなぐ鉄道ってあるのでしょうか??

愛知

萬乗醸造

藤市酒造

丸石醸造

大高/東海道本線

国府宮名鉄名古屋本線

東岡崎名鉄名古屋本線

岐阜 杉原酒造 広神戸/養老鉄道
三重 清水醸造 伊勢若松/近鉄名古屋線

やはり岐阜と三重をつなぐ路線はなかったですね。ですが意外なことに、養老鉄道近鉄名古屋線と接続しているので、行けないことはないのです。

ということで、今回は省エネに愛知県内にとどめるか、周辺まで含めるかの2通りを考えていきます!

プラン①愛知県内

丸石醸造→萬乗醸造→藤市酒造

プラン②愛知周辺

丸石醸造→萬乗醸造→藤市酒造→杉原酒造→清水醸造

どう考えても名古屋インだと厳しいので、豊橋インの名古屋アウトが一番楽そうです。

 

プラン①愛知県内

名鉄名古屋本線を東から西に向かうイメージです。

では、プランをさらっておきましょう。

------------------------------------------------------

豊橋

 ↓ 名鉄名古屋本線

東岡崎:丸石醸造

 ↓ 名鉄名古屋本線名鉄三河線東海道本線

大高:萬乗醸造

 ↓ 東海道本線名鉄名古屋本線

国府宮:藤市酒造

 ↓ 名鉄名古屋本線

名鉄名古屋

------------------------------------------------------

東岡崎から大高に行くイメージがまだついてません。如何せん乗り換えが難しく…

ということで、各路線を詳細に調べてみました。

豊橋東岡崎 550円

名鉄名古屋本線

急行25分

30分1本
東岡崎→大高 640円

名鉄名古屋本線(→知立

名鉄三河線(→刈谷

東海道本線(→大高)

急行11分

6分

14分

30分1本

15分1本

15分1本

大高→国府宮 950円

東海道本線(→名古屋)

名鉄名古屋本線(→国府宮

15分

急行15分

15分1本

15分1本

国府宮

名鉄名古屋

350円

名鉄名古屋本線

(→名鉄名古屋

16分 15分1本

さすが三大都市圏、15分に1本急行が来る世界は幸せですね…

ということで、宿泊プランを考えて見ました。

------------------------------------------------------

初日 12:02発名鉄名古屋本線東岡崎に向かう、東岡崎(丸石醸造

   15:01発名鉄名古屋本線で大高に向かう、大高(萬乗醸造

   18:08発東海道本線で名古屋に向かう、名古屋宿泊

2日目 9:43発名鉄名古屋本線国府宮に向かう、国府宮(藤市酒造)

     13:35発名鉄名古屋本線名鉄名古屋に向かう、東京へ帰る

------------------------------------------------------

1泊すれば余裕をもって回れます!何なら2日目はたっぷり観光しないと暇つぶしに困ってしまいますね笑

 

プラン②愛知周辺

愛知県を東から西に向かい、最後は北から南に下るイメージです。

では、プランをさらっておきましょう。

------------------------------------------------------

豊橋

 ↓ 名鉄名古屋本線

東岡崎:丸石醸造

 ↓ 名鉄名古屋本線名鉄三河線東海道本線

大高:萬乗醸造

 ↓ 東海道本線名鉄名古屋本線

国府宮:藤市酒造

 ↓ 名鉄空港特急+東海道本線養老鉄道

広神戸:杉原酒造

 ↓ 養老鉄道近鉄名古屋線

伊勢若松:清水醸造

 ↓ 近鉄名古屋線

近鉄名古屋

------------------------------------------------------

国府宮まではプラン①と全く同じです。問題がそれ以降… 一回岐阜に入り、その後三重に向かうという荒行事です。

まずプラン①と重複しない範囲で各路線を詳細に調べてみました。

国府宮

広神戸

1,310円

名鉄空港特急(→名鉄岐阜

東海道本線(→大垣)

養老鉄道(→広神戸)

 

特急18分

12分

11分

 

1時間3本

10分1本

20分1本

広神戸→

伊勢若松

1,380円

養老鉄道(→大垣)

養老鉄道(→桑名)

近鉄名古屋線(→伊勢若松)

13分

1時間12分

急行23分

20分1本

40分1本

20分1本

 

伊勢若松→

近鉄名古屋

750円

近鉄名古屋本線

(→近鉄名古屋

急行50分

20分1本

急行や特急を使う世界は平和なんですね。名鉄は比較的特急が多いので、特急使った方がトータルで楽ですし早いのです(当然)

ということで、宿泊プランを考えて見ました。

------------------------------------------------------

初日 12:02発名鉄名古屋本線東岡崎に向かう、東岡崎(丸石醸造

   15:01発名鉄名古屋本線で大高に向かう、大高(萬乗醸造

   18:08発東海道本線で名古屋に向かう、名古屋宿泊

2日目 9:43発名鉄名古屋本線国府宮に向かう、国府宮(藤市酒造)

     13:36発名鉄空港特急で広神戸に向かう、広神戸(杉原酒造)

     16:48発養老鉄道で桑名に向かう、桑名宿泊

3日目 9:42発近鉄名古屋線で伊勢若松に向かう、伊勢若松(清水醸造

     13:36発近鉄名古屋線近鉄名古屋に向かう、東京へ帰る

------------------------------------------------------

2泊目をどこで過ごすのかかなり大事ですね。今回は移動途中という設定で桑名で設定しましたが、わざと津まで行ってみたり逆に岐阜まで戻ったり、色々考えられますね。

この通り最低2泊は必要で、泊まる場所次第では 3泊目が必要な感じです!

 

まとめ

ここまで、愛知周辺の酒蔵3つあるいは5つを訪ねる計画を立てました。

その結果、愛知県内だけであれば1泊、愛知周辺含めた東西南北移動は最低2泊すれば回れるという結論になりました。

個人的には日本酒ランキング100位まで含めた場合は、愛知県内をじっくりと回る価値があると思います。ですが、30位までで回ろうとすると圧倒的に費用対効果が薄いようです。

次回は、最後の候補地⑤山口周辺で計画を立ててみたいと思います!