ひねもーすものかたり

だらだら生きても仕方ないので、調べて考えて発信します!

【日本酒の旅】候補地①奥羽山脈

前回は、「日本酒の旅」計画の候補地を5つくらいに絞りました。 hirohitsu1995.hatenablog.com

 今回以降は、具体的な計画を順に立てていきます!

今回は「奥羽山脈」に絞って考えて見ます!

 

奥羽山脈」の酒蔵

東北の屋台骨である奥羽山脈。なぜか山脈沿いに集中していますね。なぜでしょう。

東北は豪作地帯かつ雪国ということで、日本酒が盛んなことは納得です。

勝手なイメージですが、日本酒の酒蔵って山間に多いですよね。私はこれで勝手に納得しました。多分間違っていると思いますが、いつか正解にたどり着くでしょう。

 奥羽山脈沿いの酒蔵は以下の通りです。

秋田

新政酒造

両関酒造

山本

[4位]No.6 [9位]天蛙 [10位]新政

[16位]花邑

[26位]山本

岩手 赤武酒造 [12位]赤武
山形

高木酒造

秀鳳酒造場

[1位]十四代

[25位]秀鳳

福島

宮泉銘醸

廣木酒造本店

[7位]写楽

[13位]飛露喜

 秋田の新政酒造は強者ですね。100位以内で見れば[39位]陽乃鳥と[61位]亜麻猫が追加されるので5つランクインしているのです。絶対に外したくないですね。

またランキング1位の高木酒造には絶対に行きたい。

 ということで、各県の最上位1つの酒造に行き、交通手段や日程を考慮した上で他の酒造も回るというのが理想のようですね!

 

交通手段を考える

お酒巡りをするとなると車は使えません。というか免許持ってません。

ということで、鉄道でいかに移動するか考えます。

秋田

新政酒造

両関酒造

山本

秋田/秋田新幹線・JR奥羽本線etc

湯沢/JR奥羽本線

東八森/JR五能線

岩手 赤武酒造 盛岡/東北新幹線JR東北本線
山形

高木酒造

秀鳳酒造場

袖崎/山形線

北山形/山形線

福島

宮泉銘醸

廣木酒造本店

七日町or西若松/JR只見線

会津坂下/JR只見線

最寄り駅と路線を調べましたが、意外と同じ路線を使うのですね。あと驚いたことに高木酒造を除き、鉄道から半径3km圏内(歩いて片道1時間程度)にあるようです。意外と助かる!

 ということで、効率よく回るとしたら、岩手→秋田→山形→福島の順番に巡ることになります!あれ、宮城…仙台…まぁいいでしょう。

 具体的なプランは2通り考えられます!

プラン①味道楽

赤武酒造→新政酒造→高木酒造→宮泉銘醸

プラン②欲張り

赤武酒造→新政酒造→両関酒造→高木酒造→秀鳳酒造場→宮泉銘醸→廣木酒造本店

 

プラン①味道楽

贅沢にも各県の1位のみしか行かないという、贅沢コース。

 ------------------------------------------------------

盛岡:赤武酒造

 ↓ 秋田新幹線 or 田沢湖線奥羽本線

秋田:新政酒造

 ↓ 奥羽本線山形線

袖崎:高木酒造

 ↓ 山形線東北本線磐越西線只見線

七日町:宮泉銘醸

  ------------------------------------------------------

さて、ここから生じる疑念は2つ。まず地方の最大の懸念である、電車が1日何本走っているのか。そして予算。

もしすべてローカル線を使うとすれば、青春18きっぷを使えるので、一日当たり2370円を越せば元が取れる計算です。

盛岡→秋田 2,270円

田沢湖線(→大曲)

奥羽本線(→秋田)

2時間24分

49分

5:20  14:22  18:13

1時間1本

盛岡→秋田 4,620円 秋田新幹線(→秋田) 1時間33分 1時間1本
秋田→袖崎 3,020円

奥羽本線 (→新庄)

山形線(→袖崎)

2時間40分

24分

凡そ1時間1本

1時間1本

袖崎→七日町 4,000円

山形線(→山形)

山形線(→米沢)

山形線(→福島)

東北本線(→郡山)

磐越西線(→会津若松

只見線(→七日町)

44分

48分

46分

46分

快速1時間5分

3分

1時間半1本

(接続あり)

(接続あり)

1時間1本

8,10,12,13,15,19時1本

1時間1~2本

 色々調べた結果、七日町に行くことを考慮すると絶望的に難しい…!ですが、電車は意外とあるようですね。

というわけで、宿泊計画を立ててみました!

  ------------------------------------------------------

初日 盛岡(赤武酒造)、14:22発田沢湖線で秋田に向かう、秋田で宿泊

2日目 秋田(新政酒造)、13:45発奥羽本線で新庄に向かう、新庄で宿泊

3日目 9:32発山形線で袖崎に向かう、袖崎(高木酒造)

     14:43発山形線で福島に向かう、福島で宿泊

4日目 9:37発東北本線で郡山に向かう、10:33発磐越西線快速で会津若松に向かう

     13:07発只見線で七日町に向かう、七日町(宮泉銘醸)、会津若松で宿泊

  ------------------------------------------------------

または、できるだけ宿泊日数を減らすことを考えた弾丸旅行バージョンは以下の通りです。

 ------------------------------------------------------

初日 盛岡(赤武酒造)、13:35発秋田新幹線で秋田に向かう、秋田(新政酒造)

2日目 8:09発奥羽本線で新庄に向かう、11:40発山形線で袖崎に向かう

     袖崎(高木酒造)、16:39発山形線で福島に向かう、福島で宿泊

3日目 9:37発東北本線で郡山に向かう、10:33発磐越西線快速で会津若松に向かう

     13:07発只見線で七日町に向かう、七日町(宮泉銘醸)、会津若松で宿泊

  ------------------------------------------------------

という形でローカル線を使いゆったりと4泊するか、弾丸3泊かですね。

日本酒以外にも、食べ物や景色、さらには途中下車をするのであれば確実に4泊以上は必要ですね!

 

プラン②欲張り

さすがに行きづらい山本を除く、他の酒造に行くプランを考えて見ました!

  ------------------------------------------------------

盛岡:赤武酒造

 ↓ 秋田新幹線 or 田沢湖線奥羽本線

秋田:新政酒造

 ↓ 奥羽本線

湯沢:両関酒造

 ↓ 奥羽本線山形線

袖崎:高木酒造

 ↓ 山形線

北山形:秀鳳酒造場

 ↓ 山形線東北本線磐越西線只見線

七日町:宮泉銘醸

 ↓ 只見線

会津坂下:廣木酒造本店

  ------------------------------------------------------

同様に各区間の料金や時間、時刻表を調べてみました。

盛岡→秋田 2,270円

田沢湖線(→大曲)

奥羽本線(→秋田)

2時間24分

49分

5:20  14:22  18:13

1時間1本

盛岡→秋田 4,620円 秋田新幹線(→秋田) 1時間33分 1時間1本
秋田→湯沢 1,490円 奥羽本線(→湯沢) 1時間44分 凡そ1時間1本
湯沢→袖崎 1,490円

奥羽本線(→新庄)

山形線(→袖崎)

1時間2分

24分

凡そ2時間1本

1時間1本

袖崎→北山形 580円 山形線(→北山形) 44分 凡そ1時間1本
北山形→七日町 3,670円

山形線(→山形)

山形線(→米沢)

山形線(→福島)

東北本線(→郡山)

磐越西線(→会津若松

只見線(→七日町)

3分

48分

46分

46分

快速1時間5分

3分

1時間半1本

(接続あり)

(接続あり)

1時間1本

8,10,12,13,15,19時1本

1時間1~2本

七日町→会津坂下 410円 只見線(→会津坂下 33分 1時間1本

合理的に冷静に見ると、会津坂下まで行こうとすると地獄ですね笑

というわけで、宿泊計画を立ててみました!

  ------------------------------------------------------

初日 盛岡(赤武酒造)、14:22発田沢湖線で秋田に向かう、秋田で宿泊

2日目 秋田(新政酒造)、13:45発奥羽本線で湯沢に向かう、湯沢(両関酒造)

     18:39発奥羽本線で新庄に向かう、新庄で宿泊

3日目 9:32発山形線で袖崎に向かう、袖崎(高木酒造)

     14:43発山形線で北山形に向かう、北山形(秀鳳酒造場)

     18:32発山形線で山形に向かう、山形で宿泊

4日目 9:33発山形線会津若松に向かう、会津若松で宿泊

5日目 10:16発只見線で七日町に向かう、七日町(宮泉銘醸)

     13:10発只見線会津坂下に向かう、会津坂下(廣木酒造本店)

     只見線会津若松に向かう、会津若松で宿泊

  ------------------------------------------------------

ですが、これだと4日目が移動のみとなり1泊勿体ない気がしてしまうので、少し変えてみます。

  ------------------------------------------------------

初日 盛岡(赤武酒造)、14:22発田沢湖線で秋田に向かう、秋田で宿泊

2日目 秋田(新政酒造)、13:45発奥羽本線で湯沢に向かう、湯沢(両関酒造)

     18:39発奥羽本線で新庄に向かう、新庄で宿泊

3日目 9:32発山形線で袖崎に向かう、袖崎(高木酒造)

     14:43発山形線で北山形に向かう、北山形(秀鳳酒造場)

     18:32発山形線で山形に向かう、山形で宿泊

4日目 7:11発山形線で郡山に向かう、10:44発磐越西線快速で会津若松に向かう

     13:07発只見線で七日町に向かう、七日町(宮泉銘醸)、会津若松で宿泊

     ※会津若松の特約店で飛露喜(廣木酒造本店)を楽しむ 

  ------------------------------------------------------

調べたところ、飛露喜は会津若松駅周辺の特約店で買えるようです。これをやったらおしまいかもしれませんが…まぁできるだけ多くの日本酒を楽しむという趣旨は変わらないので、許してください笑

 

まとめ

ここまで、奥羽山脈の酒蔵4つまたは7つを訪ねる計画を立てました。

その結果、ローカル線を駆使して凡そ4泊が妥当という結論になりました。

実際旅をするとなると、1泊余裕をもって5泊が妥当ですかね。そうすると青春18きっぷを使い切ることができますし。また、できるだけ蔵元の開業時間を調べましたが、絶妙に間に合うかわからないところもありますし。

もし今回のプランの中で選べと言われたら、私はプラン②の4泊案を採用します!

できるだけ多くの日本酒を味わいたいですから!

次回は、候補地②長野北部で計画を立ててみたいと思います!