ひねもーすものかたり

だらだら生きても仕方ないので、調べて考えて発信します!

日本酒の旅をしたく…

人生の一命題は「日本酒を心のゆくまで楽しむ」こと。

ということで、幾千幾万ある日本酒を堪能し、そして日本酒を巡る旅をしたいのです。

でも、日本酒は全国各地で作っている。はてさてどこから巡るべきか。

そこで、考えました。日本酒ランキングを元に巡ればいいのではないか。

 

はい、ここでやっと今日の記事の主題にたどり着きました。

「日本酒の旅をしたいので、日本酒ランキングを元に計画を立ててみる」

 

日本酒ランキングより候補地を決める

今回参考にした日本酒ランキングはSAKE TIMEの日本酒ランキングです。このサイトは日本酒好きにはたまらないのです。如何せん、日本酒好きの呑兵衛がたくさん集まっていそうな気配がします。

ランキングの作成基準は5点満点の評価(いわゆる口コミ)です。計画を立てるにあたり、ランキング上位100位の銘柄をチェックし、その酒蔵元の住所を調べ、GoogleMapsでマッピングしてみました。

 

では、準備段階としての、マッピングの結果はいかに!!

f:id:hirohitsu1995:20180524011035p:plain

正直な感想を述べれば、もっとまとまっているかと思っていました…

100位以内だと想像以上にバラバラですね…

傾向としては、佐賀周辺、山口周辺、愛知周辺、群馬栃木、新潟周辺、宮城、秋田に集中していそうな気もしますが。まだ多すぎるので削りたい。

 

ということで、1-30位(赤)、31-50位(黄)、51-100位(青)の3色で色分けしてみました。

f:id:hirohitsu1995:20180524012042p:plain

多少なりとも傾向が見えてきました!

30位までの傾向は、奥羽山脈、長野北部、群馬栃木、名阪の4地域に比較的多いですね!

50位まで含めると、名阪というよりも愛知周辺が適切な表現になりますし、山口周辺が候補として挙がってきます。

 

という訳で、私が訪れるべき地域は以下の5地域ということになりましょう!

奥羽山脈

②長野北部

③群馬栃木

④愛知周辺

⑤山口周辺

 

 では、次回以降は各候補地を見ていきます!